世間からリップルが注目されているタイミングでは、リップルを購入したくなるでしょう。しかし、リップルは初心者向きの仮想通貨ではないことを覚えておいてください。また、初心者は、通貨の売買には手数料がかかることを忘れないように!

 

売買では手数料を必ず考慮すること

リップルの売買には手数料が発生します。

もちろん、他の通貨でも同じことですから、リップルだけが特別というわけではありません。

具体的には、日本円からリップルに替えるときに1%の手数料、戻すときにも同様に1%の手数料がかかります。

この金額が高いかどうかは取引をしようとしている人が判断しなければなりません。

参考までに、一般的なFX取引の場合も似たような手数料でしょう。

もしも、リップルの売買で利益を得たいと考えているなら、そのための方法を考えましょう。

そのときにまず基本となるのが手数料です。手数料の損失分については必ず考慮しておかなければなりません。

 

リップルは初心者には向かない

そのうえで、リップルと日本円との交換レートが変動することによって、利益を得ることができます。

しかし、必ずしも利益を得られる保証はありませんから、リスク回避の方法も考えておくべきでしょう。

FX取引に慣れている人には為替の変動タイミングがわかるといいます。

もちろん、毎回予想通りになるわけではありませんから、勝率を上げることを狙わなければなりませんが…。

売買によって利益を大幅に出せるのであれば、手数料の割合の違いは微々たるもの。ただ、初心者は特に、手数料が非常に大きいものに感じられます。

為替取引が初めての人がリップルを購入することは、あまりおすすめできません。ドルやユーロといった、もっと一般的な通貨ペアを選び、まずは経験を積むことが大事です。

初心者のうちは、たとえ世界中の人がリップルに注目しているというタイミングでも、自分の取引には関係ないと思ってください。

インターネットで検索するといろいろな情報が交錯しており、どれを参考にすればいいかわからないこともあります。ただ1ついえるのは、「リップルは初心者向きの仮想通貨とはいえない」ということです。