“リップルの売買には手数料が発生します。
もちろん、他の通貨でも同じことですから、リップルだけが特別と言うわけではありません。
具体的には日本円からリップルに替える時に1%の手数料がかかり、戻す時にも1%の手数料となります。
この金額が高いかどうかは取引をしようとしている人が判断しなければなりません。
ただ、一般的なFX取引でも同じような手数料でしょう。
リップルの売買で利益を得たいと考えているなら、そのための方法を考えなければなりません。
その中に手数料の損失分を考慮しておくのです。
リップルと日本円との交換レートが変動することによって、利益を得ることができます。
しかし、必ずしも利益を得られる保証はありませんから、リスク回避の方法も考えておくべきでしょう。
FX取引をやっている人は為替の変動タイミングがわかります。
もちろん、毎回予想通りになるわけではありませんから、勝率を上げることを狙わなければなりません。
このように考えていくと手数料の割合など無視できることがわかるでしょう。
ただ、初めての取引の時は手数料が非常に大きく感じられます。
為替取引が初めてであれば、リップルよりももっと一般的な通貨ペアを選びましょう。
ドルやユーロで経験を積むことです。
リップルを世界中の人が注目しているとしても、自分の取引には関係ないと思ってください。
インターネットで検索するといろいろな情報が交錯しており、どれを参考にすればいいかわからないこともあります。