リップルを取引対象として扱うのであれば、チャートをみてその変動を把握し、今後の動向を探るのは必須の情報収集のひとつです。リップルには、やや変動が大きいという特徴があります。

 

チャートをみて動向を探ろう

リップルのチャートをインターネットで検索してみましょう。そうすると、通常の為替相場と同じようなチャートが出てくるはずです。

円、ドル、ユーロなど一般の為替とのレート換算も掲載されていますね。

こうしてみると、リップルは一般の通貨と何ら変わりはないように見えます。

しかし、どこの国の通貨なのでしょうか。どこでもありませんね。

どこかの国や地域で流通している、現実の通貨とは異なるバーチャルなもの。仮想通貨です。

その視点から、チャートの変化は何を意味しているのかを考えなければなりません。リップルのチャートは、他の通貨にくらべると、比較的変動が大きいという特徴が読み取れるのではないでしょうか?

その変化の理由は、リップルがある国の通貨でも、単なる仮想通貨でもない点にあります。

チャートがあり相場が成立しているという事実は、その数字に価値を見出している人たちがいることを示しています。

 

リップル社の動向を注視しよう

仮想通貨は実態が伴わない通貨全般を指しますが、それでも世界中でいろいろな買い物をする時のお金として利用することができます。

リップルの場合はどうでしょうか。通貨である以上、リップルも同様に利用可能です。

さらに、国内にもリップルの取引所がありますから、そこではリップルを円で購入することも可能です。

そして、購入したリップルのレートが上がるのを待って円に買い戻せば、それだけで利益を得ることができます。もちろん、逆の場合は損失となります。

この点は、他の仮想通貨と同じです。ただし、リップルには、一般の通貨とも、他の仮想通貨とも違う点があります。それは、リップル社において、貨幣交換システムの内部単位として使われている点です。

本来、システム内で使用するのですから変動することは避けたいところです。この点は、市場の思惑と真っ向から食い違っています。

つまり、システムを構築しているリップル社は、リップルという通貨が大きく変動するという状況をいいとは思っていないでしょう。

なぜなら、システムの運用に支障をきたす可能性があるからです。

リップル社が倒産したり突然解散したりしないかぎり、リップルが無価値になることはないでしょう。

だとしても、もし運用に支障をきたす状況がある程度以上になってくれば、リップル社が市場に流通させること自体をやめてしまうという決断をくだす可能性は考えられなくはありません。

つまり、いつかリップルが売買できなくなる状況というのは、もしかしたら、あり得るのかもしれません。