前の記事でも話したように
リップルが仮想通貨ではなく仲介通貨というのは理解できましたでしょうか。
少し詳しい説明をしていく必要があります。
会社としてのリップル社は二つの通貨をスムーズに交換できるようにしたシステムを販売しています。
その内部で使用されている単位がリップルと呼ばれています。
インターネットなどで調べてみるとリップルコインと表現されている場合もありますが、ビットコインなどとは全く違います。
システム内部で使用されており、投資の対象と考えられているわけではないからです。
逆に投資対象として注目されることによって、通貨変換の業務に支障が出るケースが懸念されています。
一般的な通貨の仕組みを理解しているならわかるでしょうが、世界経済は各国の通貨の相場は常に変動しています。
その変動を利用して利益を得ているのが為替取引やFXと呼ばれる仕組みです。
しかし、リップルはその仕組みからわかるように、リップルのままでとどまっていることはシステムが停止した状態になることを意味しています。
一つの通貨から別の通貨へスムーズに変換されなければならないのです。
インターネットで多くの情報を入手することができる時代となり、FXなども経済に詳しくない人がゲーム感覚で投資しているケースも少なくありません。
そのため、リップルが注目されている側面も否定できません。
リップルは投資目的ではないため、システムの運用に支障が出る場合は外部での使用を禁止することも考えていると報じられています。