リップルはもともと、ものの売買を目的とした仮想通貨ではなく、一企業が内部で利用するための通貨の交換システムとして開発されました。そのため、開発・発行している企業の動向に良くも悪くも左右されやすいものですが。しかしそれでも、もし破綻しても市場の要請から復活するのではないかと読んでいる人もいます。

 

リップルは通貨の交換システム

世界で流通している通貨はたくさんありますが、その中でリップルが注目されているのは特別な特徴があるからでしょう。

リップルというのは、元はといえば一企業が開発した通貨の交換システムのことであり、リップル社というのがそれを開発した会社の名前です。

ものの売買を目的としてつくられた通貨ではありません。

しかし、日本円をリップルに交換することができ、またその逆もできますから、通貨としての性質を備えていることになります。

それが投資対象になると判断した人たちがリップルを売買しているのです。

本来、リップルは通貨としての役割はもっていません。しかし、売買は成立しますから、投資対象となります。

リップルが特別に利益を上げやすいわけではありません。それでも、これまでにない通貨と感じる人は、そこに注目するのです。

 

リップルは復活可能?

世界中で行われているFX取引は安定した通貨がほとんどです。

もちろん、政情が不安定になれば通貨は暴落するでしょう。

しかし、その確率はかなり低いため、日々のわずかな変動で利益を得ることがFXのやり方といえます。

リップルは、通貨の交換システムというその役割から、急激に変動することは考えにくく、取引対象としては悪くないでしょう。

また、仮にリップル社が倒産したとしても、その貨幣システムだけは残るのではないかと考える人もいます。

もしリップル社が倒産するなどしてリップルという仮想通貨が破綻を迎えたとしても、一時的に価値がなくなるだけで、しばらくすると復活するのではないかというのです。

データの転記ができればいいのですが、そのままでは難しいでしょうから、一時的には無価値になるでしょう。

しかし、その後、何かをきっかけにして復活すると言う流れです。

為替取引や株取引を行う人は市場動向に敏感であり、そうでなければ投資を続けられません。