リップルは、他の仮想通貨と同様に取引所で売買をすることができます。ただ、そう単純に他の通貨同様に気軽に売買できるものなのでしょうか…。リップルの購入について考えてみましょう。

 

リップルは通貨なのか?

実は、リップルが通貨であるという考えを否定する意見もあります。しかし、実際に仮想通貨として売買されているのですから、仮想通貨の1つには違いありません。

現に、日本国内でも取引所を通してリップルを売買することができます。

ただ、ほかの多くの仮想通貨と違う点は、リップルはある1つの会社で使われている単位だということです。リップルは、リップル社のシステムで使用されている仲介通貨なのです。

ですから、万が一、その会社が倒産してしまえば、通貨としての価値は早急になくなってしまうでしょう。

もちろん、他のどの通貨においても同じことが起こる可能性がないとはいえませんが、リップルのような起源をもつ通貨とでは、その可能性は大きく異なると考えられます。

取引所では、リップルの相場やチャートを見ることができます。これは、貨幣としての実体はないとしても、売買ができれば投資対象になり得ることを意味しています。

 

リスクを考慮したうえで投資すること

世の中には、潤沢な資金をもち、実体をもっていようといまいと、何らかの投資対象を求めている人たちがいるのです。こういった人たちは、一般市民とはちょっと違った思考をもっているのかもしれません。

問題は、そのためにリップルの取引が誰でも気軽にできるように受け取られかねないということです。安易に受け止めないように注意しましょう。

投資には常にリスクがつきものです。リスクがまったくゼロの投資対象というのはありません。

貯金と投資の違いを理解して、それぞれのリスクがどれくらいなのかを知ろうとしない人が投資に手を出すのは危険です。

FXなどで豊富な経験をもつ人の中には、リップルの売買を検討する人もいます。相場があり、それなりに変動していれば投資の対象にはなり得るのでしょう。そういった人にとっては、実体があってもなくても同じことなのです。

もちろん実体がなければ、その分リスクは高くなります。それを理解している人が投資をすることは、何の問題もありません。

もう一度いいますが、リップルはリップル社のシステムで使用されている仲介通貨です。一般の市場に出回ることはないでしょう。

それでも注目を集めているのには、それなりの理由があるのですが…それはまた、別の記事で。