ビットコインが注目されることが多い仮想通貨ですが、ビットコイン以外にも数千種類ものアルトコインが存在しています。それによって、仮想通貨間での取引もより活発に行われるようになってきました。

多様に開発されるアルトコイン

いま最もポピュラーな仮想通貨はビットコインですね。

しかし、すでに後継の仮想通貨が多数登場しており、その数は数千種類にのぼります。

それらはビットコインのメリットはそのままに、デメリットを改善することを目的として開発されています。

企業や個人が発行する仮想通貨ですから、どれだけ他と差をつけることができるかが発行元としての価値をあげることになるのです。

ビットコイン以外のコインは「アルトコイン」と呼ばれています。

ブロックチェーンを使用するという本質的な部分はビットコインと変わりませんが、国際送金のスピード改善や手順の簡略化といった改良がなされています。

新しく登場してきた仮想通貨の多くは、投資目的のイメージが強くなっています。

国際貿易のための通貨としてはドルやユーロを使えば十分です。だからこそ、価値の値上がりをアピールすることが、その通貨を広めて使用されるようになるためのメリットになります。

また、最近は仮想通貨間の交換も普通に行われるようになってきました。

仮想通貨の相場をみてタイミングよく交換できれば、それだけで利益を得ることができます。これを「アービトラージ」といいます。

いずれにしても仮想通貨を売買している人の多くは、商業取引のための売買ではなく、為替の取引だけを考えて投資による収益を目指しているに過ぎません。とはいえ、そのことが仮想通貨の流通に拍車をかけていることは確かです。

 

後ろ盾が確実とはいえない仮想通貨

ところで、投資の初心者が仮想通貨の取引を始めることはどうなんでしょうか。

注目の仮想通貨は便利で多くの人が利用していますが、それは投資家から見て取引に有利なだけというケースが少なくありません。

投資の目的を明確にすることが、どの通貨を購入すべきかの判断基準となります。しかし、それさえ見通せていないのであれば、為替取引の基本から勉強する必要があるのではないでしょうか。

為替取引や株取引に限らず、元金が保証されない取引や投資話はたくさんあります。

その中でも現在リスクが高いと考えられているのが、仮想通貨の売買です。

その理由は通貨の変動に対する保証をしてくれるのは、国家のような確固たる存在ではなく、発行元の一企業や団体、個人だけだからです。

一般の通貨であれば、それぞれの通貨を発行している国の政府が、ある程度のところまで確実に保証してくれます。

もちろんクーデターやデフォルトによって政府自体がなくなってしまうような状況になれば別ですが、現在の世界情勢では、そういったことが起こることは考えにくいでしょう。つまり、一般の通貨は国が存続する限り保証はされ続けるといえます。

 

仮想通貨のリスクとは何か

一方、仮想通貨は企業、団体、個人が発行していますから、企業の倒産や持ち逃げ、売り抜きによって、そのような危機的状況が起こり得ます。

しかし、ここで考えてほしいのは、それらのどちらが信頼できるかということです。

国家が保証するというのとはかたちが異なりますが、仮想通貨というのは、ブロックチェーンという新しい技術によって成り立っています。それがどの程度、信頼に値するかということです。

ビットコインのように特定の管理者が存在しない仮想通貨は、はたして従来の通貨以上に信頼できるものなのかどうか。それは、その人の考え方しだいでしょう。

現在では投機目的として保有されているケースがほとんどですが、今後は仮想通貨を通貨として現実に利用すしやすくなっていくことが予想されます。

ある程度、世界で利用者が増えてくると、その通貨の相場はしだいに発行している企業、団体、個人と無関係なものになっていきます。相場が安定化されるからです。

そうなったときに仮想通貨は、一般の通貨と変わらない地位を手に入れることになります。

現代はインターネットでの取引が主流となっており、その変化のスピードは少し前と比べるだけで桁違いです。

そのスピードはさらに加速されていき、仮想通貨の出番はもっと増えていくことでしょう。

現在のようなリスクがつきまとう投機対象としてではなく、一般の利用が増えて仮想通貨が安定化していくかどうかは、世界中の人々がどのように考え、活動していくかにかかっています。