ビットコインは仮想通貨という新しいかたちの通貨ですが、取引をするうえでは、ほかの為替取引と同じように考えることができます。また、投資対象であるだけでなく、現金化したり、そのままでも商品やサービスを購入できるといった優れた点が評価されているという事実も念頭におきましょう。

 

ビットコインで為替取引

ビットコインの取引をするのであれば、まずは購入するところからですね。

ビットコインは電子データとして存在しているため、購入もインターネットを利用することとなります。

ここで注目しなければならないのは、ビットコインが日本円にするといくらかということ。つまり、ビットコインと日本円の為替レートです。

世界中で為替取引が行われていますが、そのひとつの通貨としてビットコインを考えることができます。

そのレートを利用して利益を得ることもできますし、交換した通貨を商品を購入するためのお金として使うこともできます。

ビットコインは仮想通貨のひとつとされていますが、その意味として重要なことは、どこの国も保証をしていないことや、インターネット上に存在する形態であることから実態がつかみにくいことなどでしょう。

ただ、取引を行ううえでは、それらは特に問題にはなりません。取引を行う両者がビットコインの価値を認めることで取引は成立するからです。

 

現実の商品が購入できる

日本でもさまざまなニュースでビットコインが取り上げられ、ビットコインで商品を購入できるサイトはずいぶん増えました。

現金のかわりにビットコインで商品やサービスを購入するというのは、商品を購入すると現金のかわりとして使えるポイントが還元される「ポイント制度」に似ていますね。

ポイントを利用できるサイトが極端に多く世界中に広がっていることがビットコインとの違いだと考えてよいでしょう。

ビットコインは現金に換金することができますから、現実的には購入できないものはないといえます。

それとは別に、FX取引のようにレートの変動を利用して、差益だけを目的としてビットコインを運用することも可能です。

為替取引をしたことがない人がいきなりビットコインで利益を出すことは、あまり現実的とはいえません。ビットコインに関して流されている情報をみていると簡単に思えてくると思いますが、注意は怠らないに越したことはありません。