仮想通貨ランキング第2位のイーサリアムの紹介です。開発年度は遅く、遅咲きから急成長しました。スマートコントラクトの仕組みや進化の早さなどから、その後も注目され続けています。

仮想通貨ランキング第2位

仮想通貨の取引所でイーサリアム(=Ethereum)を取扱いの対象としているところは数多くあります。

イーサリアムは、とりわけ注目を浴びており、次世代を担うテクノロジーによるプラットフォームとして非常に重要な役割を担っています。

インターネットやテレビ番組などでは、仮想通貨を全体の1つのシステムとしてだけ取り上げることが多く、また大型家電量販店などで導入されている仮想通貨決済システムは一種類にしか対応していないものです。

しかし、仮想通貨はいまや数万種類を超えているとされており、メディアに取り上げられているのはその中のトップ数種類だけ。

その数種類の中で時価総額を巡る激しい競争が繰り広げられているのですが、その中でイーサリアムはランキング第2位とされており、業界全体を牽引する役割をも果たしています。

 

スマートコントラクトが利点

イーサリアムのシステムは2013年に設計が開始されましたので、遅咲きではありますが、2014年7月のリリース以降、著しく成長し、日本市場でも2015年から各取引所で取扱われるようになりました。

運営団体の名称にもなっているETHという言葉が通貨単位としても使用されています。

時価総額ランキングにおいて熾烈な競争が行われている中、イーサリアムが第2位に君臨し続けられている理由として、アプリケーションを手がける際のプラットフォームの管理がより良いことが関係しているでしょう。

仮想通貨はそれぞれに違いがあるといえますが、共通していることはブロックチェーンという新たな仕組みを活用しているという点にほかなりません。

ブロックチェーンは中央集権ではないという点で安心感が高いものの、汎用性が低いという懸念があります。

しかし、イーサリアムは途中の段階でも別の記述をすることができるようになっているという特徴があり、柔軟性が兼ね備えられているのです。これはスマートコントラクトと呼ばれています。

 

注目度の高さから進化が早い

イーサリアムの管理団体はカナダに存在し、非営利団体という形式でプロジェクトが進行されているようです。集められた資金を元に、ETHという名の開発者団体がメンテナンスや新規プロジェクトを遂行しています。

イーサリアムのシステム運営に対し特に貢献した者に対しては報酬が付与される仕組みになっていることから、士気が高く保たれています。こうした環境は、競争率が高い中でも人気を維持している理由のひとつです。

本部から良い評価を受ければ報酬が手に入れられるということもあいまって、開発者たちが熱い視線を注いで作業に従事している仮想通貨です。

他の仮想通貨に比べて明らかに進化の速度が早いのがイーサリアムの特徴ともいえるでしょう。

次々とソフトウェアもローンチされているので活気づいており、投資家も注目し続けています。

icoにおける資金調達においても非常に重要な役割を果たしています。

将来性があることから惜しまず投資されるので、最も伸びしろがある仮想通貨と考えられており、今後も大いに期待できる銘柄といえるでしょう。