ビットコインの取引を始めたいと思ったとき、取引所は自分のパートナーともなるべき存在です。しっかり情報を得て調べましょう。基本的に仮想通貨の取引は自己責任であって、取引所が資金を保証してくれるものではありません。

 

インターネット上に存在する仕組み

ビットコインというのは、仮想通貨と呼ばれるものであって物理的な実体はありません。

インターネット上のデータがそのすべてです。取引所もインターネットのなかに存在しており、これもサーバー上にあるひとつのウェブサイトに過ぎません。

取引所ではメールアドレスとパスワードを入力するだけで取引を開始することができ、比較的簡単に取引をスタートすることができます。

売買の前に口座開設とその口座への入金が必要となりますが、初心者でも気軽に始められる仕組みです。

ビットコインには秘密鍵と公開鍵というものによって管理され、ログイン方法で取引を行うものではありません。

仮想通貨の取引所が実現したその仕組みは画期的なものですが、セキュリティ上100%安全とは言い切れません。

国内の取引所ではすべての情報が日本語で表示されていますから、それらをよく読んで、、売買のための知識やセキュリティ、保全などについての知識を得ることをおすすめします。

 

資金の保証は取引所の責務ではない

いろいろ調べて安全だと思って取引しても不測の事態が起こることはあります。

資金の保全が取引所の役割ではないからです。取引所は売買が確実に行なわれることを保証しているのであり、儲けや損失が出ないことを保証しているわけではありません。

基本的には自己責任、自分自身で注意しなければなりません。

たとえば、手数料無料と書かれていることを理由に、その取引所を選ぶのは危険です。無料と書いてあっても、手数料にあたる分がビットコインと円の交換比率に含まれているなど、ほかの部分で取引所が有利になるように設定されているものだからです。

取引が実質的に無料ということはあり得ないと思ってください。取引所は奉仕活動をしているのではなく、利益を出さなければならないのですから。

その中で、もっともユーザー側にとって利点の多い取引所を冷静に選び利用することで、お互いに利益を出せることが取引の理想のかたちです。