仮想通貨の取引には手数料がかかります。それも種類がいくつかありますので、どの取引所では、どの手数料が、どれだけかかるのか、しっかりと比較して、自分の取引に有利な取引所を選びましょう。

 

仮想通貨の取引には手数料がかかる

仮想通貨の取引を行っていくためには、売買や送金などについて一定の手数料が発生します。

それらの手数料は、取引所の違いや売買する通貨によってもかなり違いがあります。

できるだけ投資効果を高めるためには手数料が少ない売買を選ぶ必要があるでしょう。

ですが、仮想通貨の場合は取引所がある程度限定されているため、現実的には選択肢は少なくなります。

一般的には仮想通貨の取引量の0.1%前後が手数料となっています。

ただ、手数料は一定ではなく、取引所のポリシーが変更したり、キャンペーン中だったりといった理由で変わることがあります。

初めて仮想通貨の取引を行うなら、これらの情報をしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

国内でビットコインの取引ができる販売所での具体的な手数料をご紹介します。

まず、bitflyerは取引手数料が0.01%、日本円への換金手数料が216円となっています。これに対して、bitbankでは0.05%と540円です。

取引所によってこれだけの差があります。ときには倍以上の差になることもあります。

 

取引はすべてインターネット上で

インターネットを利用した取引が仮想通貨の根本ですから、すべての情報はネットで検索すればすぐに手に入ります。

これは仮想通貨の特徴でもあり、インターネット環境の整った社会のよさと考えてもいいでしょう。

仮想通貨の場合、硬貨や紙幣を手に取ってみることはできませんが、取引をするだけならその必要はありません。

為替取引をやっている人が毎日していることは、為替相場をチェックしているか取引をしているかのどちらかだけだというのと同じことです。

仮想通貨では、商品を購入するために利用するのではなく、取引のための仮想通貨を保有する場合には、手数料はより一層、少しでも少なく済ませたいことと思います。

それを考えると、取引所の選び方がとても重要になってくるのです。慎重に選んで、健全な投資を心がけましょう。