国家が発行している従来の通貨は国境を越えると価値が変わるという、外しようのない制約をもっていました。それが為替相場を生んだのです。仮想通貨の大きな特徴は「国境がない」こと。そこに思いを巡らせたとき、仮想通貨のもつ大きな可能性に改めて気づかされるのではないでしょうか。

 

為替相場は国際間の取引によって生じる

仮想通貨の仕組みを考えるには、通貨というものの意味を考える必要があります。

何かを購入するときには通貨を使用しますね。その通貨の価値は、多くの人が「価値がある」という共通認識をもっている場合にのみ成立します。

たとえば、日本円で1万円の価値のものは東京でも九州でも同じ価値をもっていますが、海外で1ドルを日本円にするときにはいくらになるかを考えると、それぞれの通貨のもつ価値が同等ではないことに気がつきます。

これが通貨間のやりとり、為替相場の成立につながるのです。

つまり、日本国内だけでビジネスをしているだけであれば、為替を意識することはありません。

それが国際取引になったとたん、逆にそれを意識しなければビジネス自体が成立しなくなってしまうのです。

 

国境のない仮想通貨がもつ大きな可能性

それでは、仮想通貨の場合はどうなるのでしょうか。

仮想通貨は、国が保証している通貨ではありませんが、そのかわり国境という概念が存在しません。

つまり、世界中で同じ価値をもっていると考えることができます。

たとえば、日本とアメリカでビジネスをする場合、通常は売る側も買う側も為替相場を意識しています。その差額が直接利益に影響するからです。

しかし、仮想通貨だけでビジネスをすることができれば、そのような心配はなくなるでしょう。

それを期待して仮想通貨の売買をしている人が増えていけば、それは仮想通貨の相場にとっても理想のかたちでしょう。

ヨーロッパで使用されているユーロは、まさにそのような考えに沿って使われ始めた通貨です。

結論として、一般の通貨と仮想通貨の仕組みは、特別に変わったところは何もありません。

発行元が違うことと、硬貨や紙幣などの物理的なかたちをもたないことが大きな違いです。

しかし、クレジットカード決済をしている人なら、物理的にかたちをもっていること自体にそれほど意味があるわけではないという感覚はすでにもっていることでしょう。

電子世界の広がりが今後の仮想通貨の利用者のさらなる増加につながっていくことと思います。