ビットコインによく似たものとしてライトコイン(LTC)があげられます。先に開発され仮想通貨の中においては一般に知られるものとなったビットコインに似た性質を持つものとなります。但し後発であるという利点を活かしつつ、ビットコインが有している幾つかの欠点を改良した点に特徴が何点かあります。
まずはライトコインでは、埋蔵量(総発行枚数)がビットコインよりかなり多めに設定されている点です。次に発掘に掛かる時間や労力が大きく減少しており、特に端末CPUへの負荷が軽減されていることから一般的なPCでも採掘が可能という嬉しい特徴があります。
最後にビットコインの最も問題となっている決済スピードを高速化可能とするシステム面での見直しが実施されているのです。ビットコインと比較すると、決済に掛かる時間は20から30%程度にまで減少しているのです。前述の埋蔵量(総発行枚数)の多さから流通量が増加しやすいため決済手段としてはビットコインより優秀なものと認知され易くなっているでしょう。


ライトコインではこうした改良した新機能や改善点の側面を有しつつも、あくまでビットコインから派生したものであるという為に、通貨としての基本的な扱いや仕組みはビットコインに準拠しているのです。最も認知度が高く広まったビットコインと同様の扱いが可能であるために、既にビットコインの扱いに慣れていれば、直ぐに馴染めるというのは良い特徴の1つとなるでしょう。こうした側面を反映しているからか、取り扱いが急速に広まっっています。暗号通貨の中では2017年を切り取って見たことろビットコインに次ぐ流通量となっていましら。
そして相場に関しても特徴が見られます。概ねビットコインが低調である時にライトコインの価格相場が上昇するというような関係性が見られます。これはビットコインと近しい性質を持っている事によるためです。そのためビットコイン下落時の代替手段としてライトコインの保有を検討することが多い為だと考えられます。代替需要の傾向は今後更に強まると考えられており、ビットコインを補完する仮想通貨としての位置付けを確立して行くのでは無いかと考えられております。投資面ではビットコインのリスクヘッジ先としても重宝される事が考えられるため、一時的なビットコインの代わりになるかと思います。それとは別にライトコインを特徴付ける大きな要素としてはその成長が見込まれています。ライトコインの広がりは海外が中心となっていますが、海外の取引所でも日本語対応のところも増えているため、より簡単な取引や売買が行えるかと思います。今後は日本でも投資・決済への利用が増加してくれば取り扱い場所も増えていくと考えられます。