ビットコインにおいて新しく開発された概念のひとつに「マイニング」があります。マイニングに参加すれば、その報酬としてビットコインを得ることができます。そのような仕組みが採用された理由は、ビットコインを特定の者が管理するのではなく、みんなで見張って監視していくシステムを実現させるためです。

 

マイニングという新概念のセキュリティ

ビットコインが注目されるようになり、いろいろなところで利用できるようになりました。

ところで、ビットコインには管理者がいないということについて疑問をもったことはありませんか?

ビットコインには「マイニング」と呼ばれる概念があるため、管理者を必要としないのです。

言葉のニュアンスから誤解も多いのですが、マイニングというのは一般の通貨でいうところの新規発行と考えればよいでしょう。

世界中で行われているビットコインの取引を電子的に記帳する作業に参加することによって、個人的に報酬を得ることができるのです。

実際のマイニングに参加するためには、パソコン上で動作する特別なアプリケーションを入手する必要があります。

特定の人や企業がビットコインの管理をするのではなく、世界中のパソコンやアプリケーションを関わらせることによって通貨としての整合性を保たせるという仕組みが作り上げられています。

そのような仕組みを採用することで、たくさんの人が報酬目当てにマイニングに参加し、特定の管理者をおくかわりに、みんなで共同してビットコインを管理していくことでができるのです。

これは、これまでにないまったく新しいセキュリティシステムといえるでしょう。

 

マイニングに参加することもできる

私たちは通常の買い物をする時に日本円を使用していますが、クレジットカードなどを使って支払いをするとポイントがつきますね。そのポイントも買い物に利用することできます。

そう考えると、ビットコインもそれに近いはたらきをもっています。

ただし、ビットコインの単位と日本円の単位のレートがいくらかになるかが重要です。

投資としてみた場合は、レートの変動が損得に直結することになります。

為替取引をしている人なら、その論理は十分理解していることでしょう。ビットコイン取引でも、レートが極端に変動するリスクがあることを忘れないようにしてください。

マイニングに興味のある人は、パソコンを使って自分で取り組んでみてもよいでしょう。

数学的な仕組みをすべて理解する必要はなく、手続き方法を理解したうえでアプリケーションを稼働させておけばマイニングに参加することができます。

その報酬として、マイニングを行った人は新たにビットコインを入手することができます。

そうしてビットコインを手に入れた人は、さらなる取引を行うことが可能となり、それがまたビットコインの普及を促すことにもなるわけです。