ある事件により有名になった仮想通貨、NEM(ネム)についてご紹介します。コインチェックの流出事件はいまだに尾を引いていますが、コインの特性からいって将来性が低いというわけではありません。

 

必要なのはユーザーの重要度

コインの名称はNEM、その頭文字は New Economy Movement から来ています。コードネームはXEM。日本のリードエンジニアとして武宮誠さんが関わっているコインです。

NEMの大きな特徴として、イーサリアムのように独自のトークンを発行していて、分散型取引所やマルチシグネチャーがあること、またメッセージ送信が可能な独自のネットワークを形成できることが挙げられます。

独自のトークンである「モザイク」については、ブロックチェーンで独自性が保たれているインターネット上のドメインのようなネームスペースでしか発行できず、仮想通貨のモザイクを取引しています。

このあたりについては深く調べないと難しいでしょうが、コンセンスアルゴリズムにプルーフ・オブ・インポータンスを採用していますので、裕福な人がさらにお金持ちになるだけ、という結果にならないよう、うまく分配しています。

その他の仮想通貨のシステムでは、マイニング方法としてプルーフ・オブ・ワークやプルーフ・オブ・ステークといった仕組みを採用しているため、大資本によるスーパーコンピューターを使った発掘や、保有量に応じたマイニング方法によって、さらにコインを集めることが可能となっていました。

それがNEMでは、演算能力が高い人ではなく、ユーザーの重要度が高い人ほど報酬が受け取りやすいという仕組みになっています。

 

どこまでイメージアップを図れるか

そこで大事なのは、ユーザーの重要度をどうやって決めるかということです。NEMの場合は、トークンの保有数に加えて取引の頻度が重要度に特に関係しています。

つまり、報酬を受け取るためには、ただトークンを大量に保有しているだけではなく、取引もしていなければなりません。また、取引数を多くするためだけに同一のアカウント内でいくら取引をしても重要度は高くなりませんので注意が必要です。

その他のアルゴリズムも大きく関係してきますが、基本的には他のユーザーと自然に取引をしていて、トークンをそれなりに保有していれば、報酬がもらえるという仕組みになっています。

現在はNEMのトークン数として90億コインがすでに発行されている状態ですので、新規コインは発行されていません。ですから、取引等をして受け取る報酬としてのNEMのコインは新しく発行されたものではありません。取引手数料が報酬として支払われている状態です。

将来性に関してですが、コインチェックの問題はいまも大きく引きずっていますが、NEMの技術を採用する企業やNEMのコンセンスアルゴリズムがブロックチェーンにおける問題点を解消しているという点には大いに注目できます。

NEMの今後は、コインチェックでの流出事件について、その問題を真摯に受け止めたうえでユーザーに対して、いかに改善策の提供やイメージアップを図っていくのかにかかっているといってよいでしょう。