海外にある取引所を利用してビットコイン取引をすることは魅力的に思えることでしょう。利用することは、そう難しいことではありません。ただし、リスクは常にあることを忘れずに。

 

海外取引所を利用する方法

国内だけでなく海外にも多くの取引所があります。そうした取引所を最大限に利用してビットコインを使った資産運用を有利に進めたいと考えている人は少なくありません。

しかし、その仕組みを十分理解しておかなければ、思ったように資産を増やせないばかりか、逆に損をしてしまったり、対外的リスクにより損失を出すことになってしまいます。

取引所でビットコインを購入することになりますが、国内の取引所よりも海外取引所の方が流動性が高く売買しやすいことが考えられます。

問題は、海外取引所を利用するためには海外に送金する必要が生じる点です。しかし、日本円をドルなどの海外の通貨に両替して海外に送金しなければならないかというと、そこまでの手間はかかりません。

まず国内でビットコインを購入し、それを送金することにより海外の取引所でも取引を行うことができます。

 

リスクを自覚したうえで取引を

最終的には日本円に戻すにしても、一時的には内部通貨での資産運用を考えることになります。

そこにリスクがないわけではありませんが、ビットコインの暴落が発生すると考えるのではなく、販売機会を増やすためのものと考えるとよいでしょう。

国内とは違う価格差があったり、さまざまなアルトコインを売買したりできる海外取引所は魅力的だと思いますが、危険性をはらんでいることも忘れないようにしてください。

ところで、仮想通貨はレートの変動が激しいと考えられていますが、それは気軽に売買ができることの裏返しにほかなりません。市場の思惑がそのまま価格に反映されるために、このような状況になるのは当たり前です。

このように、一見しただけでは仮想通貨と一般の通貨にはたいして違いがないようにみえますが、異なる点もあるのです。

また、ドルや円などの通貨はそれぞれの国の銀行などが売買を制御している面があり、極端な変動が避けられているため大幅な変動がありません。最終的に価格を保証してくれる機関が存在しているかどうかは大きな違いだと思いませんか。