リップルは本来、通貨交換システムです。仮想通貨でありながら仮想通貨でないともいえるリップルの仕組みやリスクについて考えてましょう。

 

取引対象となったリップル

現代はインターネットを利用してさまざまな取引ができる時代となり、インターネットは世界中に普及しています。

しかし、その取引には実体が伴っているかどうかを考えると、実体のない取引というのもまた、ずいぶん増えてきました。

収益の得られる事業に投資するのではなく、通貨を売買するだけの取引で、その取引によって得られた差額を利益とする取引です。

リップルにも同じような価値があるのでしょうか?

銀行が抱える問題として、国際間でかかってしまう為替や送金手数料があります。

リップルは、もともと通貨交換システムとして開発されました。通貨交換システムというのは、国際銀行間で行われる作業を自動化したシステムと考えればよいでしょう。

ある特定の目的をもつシステムとして生まれたリップルが、いつの間にか投資対象となっていったのです。しかし、そのようなことが起これば、もともとのシステムの運用に支障をきたしてしまう恐れがあるのではないでしょうか?

そのように考えると、リップルは一般のユーザーが取引できるような仮想通貨とは一線を画すものとして捉え直す必要があるでしょう。

 

発行元であるリップル社の動向に要注意

日本や海外の金融機関にとってリップル社のシステムは魅力的であり、導入も増加しています。たとえば、sbiグループはその中でも取り分け積極的だといわれています。

その仲介役としての通貨が価値をもつことに対しては、大きな疑問があると考える人もいます。

リップルが下落したときのリスクを考えるということは、リップルを投資対象と見ていることにほかなりません。しかし、そのような見方はリップル本来の役割から外れてしまっているといえるのではないでしょうか?

リップル社は、決してこのような傾向を歓迎しているわけではないという点について、今後注意が必要です。

もちろん、そう簡単にリップルが無価値になるとは考えにくいですが、一般ユーザーの取引の対象にならないようにするという方向性は十分にあり得ます。

これは他の仮想通貨における市場リスクとは根本的に違うものです。この点を理解したうえで、リップルの売買を考えていきましょう。

その本来の目的があくまで通貨の「仲介役」であるリップルに対して、仮想通貨としての投資は禁物です。