「リップルは仮想通貨であって仮想通貨ではない」というのは事実です。反面、リップルは仮想通貨としても注目されているといわれています。

 

仮想通貨として注目を集めるリップル

リップルは、金融商品の取引システムで使われているブリッジ通貨であり、それを開発した会社がリップル社です。そのことはしっかりと認識したうえで、仮想通貨としてのリップルについて考えなければなりません。

仮想通貨としてのリップルは、通貨としての価値があるのではなく、多くの人がシステムを利用することにより、相対的に価値が上下しているものだということを理解しましょう。

仮想通貨やFXを始めとする金融商品取引を行っている人ならわかるでしょうが、実体のない取引だけで利益を上げることは確かに可能です。そのためにリップルも投資対象としてみられるようになり、いまのように注目を集めることになったのです。

ただし、簡単に利益を得られるものだと、たかをくくってはいけません。

 

リップルの注目度は”錯覚”なのか

ビジネス上でリップルを利用するかどうかは将来性や市場動向を見極めることが重要となりますが、日本国内でも多くの会社がリップルを扱うようになってきました。

そのためインターネットでいろいろな情報を収集することができるようになりましたし、リップル自体がネット上でとても話題のある通貨です。

金本位制の終わった現代では、通貨の信頼性とは担保として保証されるものではなく世界経済がどう判断しているかです。または、人々がどう”錯覚”しているか、ということを意味しているといってもよいでしょう。

投資家にとってはリップルをドルに換算したときにいくらになるかが重要なのです。リップルはリップル社という会社が管理しているものである以上、リップル社が倒産したり、世界がその存在を認めないようになったりしたら、仮想通貨として保有している人にとって財産の一部であるリップルは無価値となってしまいます。

ただ、他の仮想通貨にしても、ドルやユーロなど国家が発行している通貨も、結局は同じリスクを抱えています。ですから、リップルだけのデメリットというわけではありませんが、リスクの高さからいって、これをリップルの特徴として捉えておくことは間違いではないでしょう。

注目を集めた理由は利用価値があるからでしたが、その後の仮想通貨としての盛り上がりは異常なバブルを作り出している可能性もあります。盛り上がりが将来的な価値の高まり以上であれば、それは単なるバブルに過ぎません。