前回は仮想通貨ではないとお話ししましたがリップルは仮想通貨としても注目されていると言われています。
ただ、リップルそのものは通貨ではなく、金融商品の取引システムで使われているブリッジ通貨であることはしっかりと認識しなければなりません。
ブリッジ通貨としてのリップルを開発した会社がリップルです。

仮想通貨としてリップルは価値があるのではなく、多くの人がシステムを利用することにより、相対的に価値が上がることを理解しなければならないでしょう。さまざまな仮想通貨やFXを始めとする金融商品取引を行っている人ならわかるでしょうが、実体のない取引だけで利益を上げることは確かにできます。そのためにリップルも対象と見ることができるようになったことは注目を集めている原因となっています。
もちろん、簡単に利益を得られるわけではないことは理解しましょう。


ビジネスとしてのリップルを利用するかどうかは将来性や市場動向を見極めることが重要となりますが、日本国内でも多くの会社がリップルを取り扱うようになってきました。そのためインターネットでいろいろな情報を収集することができるようになりましたし、リップル自体がネット上でとても話題のある通貨です。
金本位制の終わった現代では通貨の信頼性とは担保として保証されるものではなく世界経済がどう判断しているかまたは錯覚を意味しています。
投資家にとってはリップルをドルに換算した時にいくらになるかが重要でしょう。
厳密には仮想通貨ではないリップルは会社である以上、倒産したり、世界が認めないようになったりしたら、リップルを持っている人の財産は無価値となるものです。
ただ、他の仮想通貨にしてもドルやユーロなどの通貨も同じリスクを持っていますから、リップルだけのデメリットではないですが、特徴として捉えとくのは良いでしょう。
注目を集めている理由は利用価値があるからではありましたが仮想通貨としての盛り上がりが異常なバブルを作り出します。それは将来的な価値の高まり以上なのかもしれません。