仮想通貨というのは物理的な実体をもって存在しているものではありません。その点はリップルも同じです。しかし、リップルはさらに、通貨どうしを両替するために銀行などに支払う手数料を省くという役割をもっています。

 

実体をもたないのが仮想通貨

あらゆる取引におけるブリッジ通貨と呼ばれ、人気を博しているリップルとはどのような通貨なのでしょう。

その前に、予習・復習として仮想通貨と取引について説明しておきます。

まず仮想通貨と一般の通貨の違いは、一般の通貨は国際的に認められた国家が定めた通貨であり、一方、仮想通貨は、ひとつの会社や組織や個人などが発行している通貨であるという点です。

仮想通貨は、世界中にインターネット網が広がっているのと同様、一般の通貨のように物理的なかたちをもっているわけではありません。

つまり、発行するために日本銀行や造幣局といった組織は必要なく、プログラム上で存在していればよいのです。

このことが、単独の会社においても個人においても、仮想通貨を発行することを可能にしています。

 

通貨両替の手数料を省くのがねらい

リップルの取引が注目されているのは、新しく登場したことも大きく関係はしていますが、その取引にはメリットがあるからです。

具体的なリップルの取引方法を紹介しましょう。たとえば、海外に行くときや海外にいる誰かに送金する際には日本円をドルやユーロなどほかの通貨に両替しなければならないでしょう。

その場合には証券取引所や銀行などで手続きをしなければなりません。その際には手数料を払うことになります。それが取引所や銀行の利益となるのです。

両替の際には通貨間で差額が生じますが、その利ざやを稼ぐための為替取引を行っているのがFXと呼ばれる取引であることはよく知られています。

リップルも同じような性質をもっているのでしょうか?

実際に取引を行うためには取り扱っている会社とその信頼性が重要なポイントとなるため、信用できないところでは換金できませんよね。そこで、そういった取引に対してのブリッジとしての役割を果たしているのがリップルなのです。