あらゆる取引におけるブリッジ通貨と呼ばれ、人気を博しているリップルとは
どのような通貨なのでしょう。
その前に予習復習として仮想通貨と取引についてを説明していきましょう。
さまざまな記事で話したように仮想通貨と一般の通貨の違いについては国際的に認められた国が決めた通貨ではなく、ひとつの会社や組織や個人などが発行している通貨であるという点です。
もちろん、世界中にインターネット網が広がっているのと同様、通常の通貨のように物理的な形を持っているわけではないのです。
つまり、発行のための日本銀行のような造幣局などは必要なく、プログラム上で存在すればいいだけとなります。
そのために単独の会社でも個人でも仮想通貨を発行することが可能となっているのです。


リップルの取引が注目されているのは新しく登場したことも大きく関係はしていますが、その取引にはメリットが常にあるからです。
具体的な取引の方法を紹介しましょう。
例えば海外に行く時や送金する際には日本円をドルやユーロにしなければならないでしょう。その場合には証券取引所や銀行などで手続きをしなければなりませんね。
その際には手数料を払うのは銀行が利益を上げるためには当然だと思います。そのような為替取引をインターネット上で積極的に行っているのがFXと呼ばれる取引であることは良く知られていると思います。
ということはリップルも同じような性質を持っているのでしょうか。実際に取引を行うためには取り扱っている会社とその信頼性が重要なポイントにもなるため信用できないところでは換金できませんよね。
そこでリップルはその取引に対してのブリッジとしての役割を果たしています。そこの説明についてはまた別の記事にて話していきましょう。