仮想通貨のひとつでありながら、実際に利用可能なシステムでもあるというのが「リップル(=Ripple)」の大きな特徴です。Google社も出資したリップルの魅力はどこにあるのでしょうか?

リップルは現実に利用可能なシステム

インターネットを介していく際に、物理的に存在しない貨幣の価値を取引するのが仮想通貨であり、ブロックチェーンは昨今ますます注目度が高まっています。

種類も日増しに増加しているのはもちろんのこと、その中で時価総額が世界でも第3位に君臨しているのが「リップル」です。

数ある仮想通貨の中において突出した存在になれたのには、日本でも世界でもトップに君臨し続ける大手検索サイト Google が出資をしたことが関係しているといっても過言ではないでしょう。

リップルは他の仮想通貨と違い、実際に利用しているアクティブユーザーが多いのも特徴のひとつです。

海外旅行に出かけた観光客にとって、旅行先で利用し、円滑に支払いを済ますことができるリップルの利点も評価されています。

このように実際の利用者が多いということは環境整備が一気に進むきっかけともなり、現在のようにとりわけ普及している仮想通貨となったのです。

 

開発者はカナダ人エンジニア

リップルは仮想通貨という認識で理解している人が多いかもしれませんが、実は他社のようにユーザー同士が繋がってやり取りするというものではないという点で、他の仮想通貨とは異なっています。

リップルは金融商品を送金したり決済するシステムのことを指しており、他の仮想通貨のイメージとは似て非なるものであると認識してください。

情報に敏感な人は、送金にまつわる時間を大幅に短縮化できたり、手数料が下げられることを見越して投資を行っていることが多く、長期保有の目線で考える投資家も多いでしょう。

こうした仕組みが開発されたのは意外に早く、2004年のことです。一人のカナダ人のエンジニアによって手がけられたのがきっかけとなっています。

仮想通貨の中にはローンチした人が明瞭になっていない事例も多いもので、リップルの場合はその点がはっきりとしているところも他の仮想通貨との差異点といえます。

仮想通貨取引の一連の流れや役割について把握した人にとって、異なる仕組み同士でやり取りすることは不可能ではないかという懸念を抱くのは自然なことだと思いますが、そうした懸念材料を払拭することができる優れものがXRP(リップル)なのです。

 

ブリッジ通貨という呼称

リップルは単一的な通貨という立場ではないことから、法定通貨もしくは仮想通貨のどちらにおいても自由自在に交換可能です。

しかも、システムを介して行われた取引というのは銀行口座を必要としないため、取引に関する手数料も発生しません。

そういった点から、運用に要するコストを大幅に下げることができ、取引の際に巻き込まれかねないリスクに関しても回避可能なため、日本の大手銀行もリップルへの出資に名を連ねています。sbiグループもそのひとつです。

具体的なイメージとしては、たとえば円からドルに両替する際には一瞬でリップルという仮想通貨に変換されて両替が完了します。

このように橋渡しをしているようにも見えるため、リップルは「ブリッジ通貨」とも呼ばれています。

非常に順応性が高く、長期的に保有する通貨として考慮できるもののひとつです。