仮想通貨を発行しているのは企業や団体、個人などです。どこかの国が発行しているわけではないので、誰が保証してくれるのかというと、誰も保証はしてくれません。しかし、それは単にデメリットのひとつでしょう。メリットとデメリットを考え合わせ、仮想通貨とどう関わるかを自分なりに決めればよいのです。

 

一般の通貨は国家が発行している

「仮想通貨」とは何かという問いに対して、私たちは明確な回答ができるのでしょうか。

ひと言で言えば、硬貨や紙幣など物理的に手に取ることができる貨幣が一般の通貨であり、電子データとしてコンピューター上にだけ存在しているものが仮想通貨です。

なぜそうなるか、それには理由があります。紙幣や硬貨を発行するためには、その国が運営する造幣局がなければなりません。

つまり、国として成立している、しっかりと安定した存在だけが一般の通貨を発行することができるのです。

そうすると、仮想通貨のデメリットは、どこかの国が責任をもってくれるわけではない、ということになるでしょうか。

つまり、最終的には取引を行っている当事者間の問題となります。

仮想通貨を扱っている企業や媒体などが倒産や売り抜けすることによって仮想通貨が紙くず同然になったとしても何の保証もないのです。

 

メリットがあればデメリットもある

それでは仮想通貨は、誰かが思いつきで適当につくったものなのでしょうか?

決してそんなことはありません。もしかしたら、始まりは確かに思いつきのようなものだったかもしれませんが、新しいものが開発されるときは、何でも最初はそんなものなのではないでしょうか。

結果として多くの人が利用するようになり、世界中から信頼を得ることができれば通貨として成立した考えることができます。すでにれっきとした通貨として世界中に流通しているケースも少なくありません。

そのように仮想通貨が流通するためには、何かのきっかけが必要です。たとえば、大企業がバックアップしたり、有力な人物が「信頼できる」と認知したりしていることを信頼の根拠として売り出します。

その企業や個人を信頼している人が該当の仮想通貨を信用してくれることが期待できるからです。

もう1つ重要なことは、その仮想通貨を利用するメリットがあることです。メリットがなければ誰も利用しませんね。

仮想通貨全般の一番大きなメリットは国境に関係なく流通していることでしょう。

為替交換のための差額が生じないことが仮想通貨の特徴です。ユーロがヨーロッパ圏内で共通化されていることを考えるとわかりやすいでしょうか。

また、最近では値上がりによる収益も大きなメリットになっています。