私たちは仮想通貨とは何かという問いに対して、明確な回答ができるのでしょうか。
一言で言えば、硬貨や紙幣などの手に取ることができる貨幣が一般の通貨という考えであり、電子データとしてコンピューター上にだけ存在しているのが仮想通貨となります。
なぜそうなるか、それには理由があります。
貨幣や硬貨を発行するためには国が運営する造幣局が必要でなければなりません。
つまり、しっかりと安定した国または国として成立しているところだけが通貨を発行することができるのです。


それでは仮想通貨はある企業が思い付きで適当に作ったかどうか?
始まりは確かに思い付きだったかもしれませんが、
しかし、多くの人が利用するようになり、世界中から信頼を得ることができれば通貨として成立するのではないでしょうか。
すでに立派な通貨として流通しているケースも少なくありません。
仮想通貨が流通するためには、何かのきっかけが必要でなければなりません。
大企業がバックアップすることや有力な人物が信頼にたると伝えることが一番確実でしょう。
その企業や個人を信頼している人は出所が同じ仮想通貨も信用することになります。
もう一つ重要なことは、その仮想通貨を利用するメリットがあることもとても大事です。
メリットがなければ誰も利用しません。
一番大きなメリットは国境に関係しないことでしょう、(最近ですと値上がりによる収益もおおきなメリットになっています)銀行が介在しないため為替交換の差額ないことが仮想通貨の良さと言えるでしょう。


ユーロがヨーロッパ圏内で共通化されているのと同じように、仮想通貨も同じです。
デメリットは、どこの国も仮想通貨に責任を持ちません。
すべては取引を行っている当事者間の問題だからとなります。
だからこそ仮想通貨を扱っている企業や媒体などが倒産や売り抜けにより紙くず同然になったとしても何の保証もないのです。