コンビニエンスストアでもビットコインの取扱いができるようになりました。少額決済ができて便利ではありますが、いずれにしろ手数料は発生します。便利さや手数料など、もろもろ考慮して自分に合った方法を選んでいきましょう。

 

コンビニで手軽にビットコイン

コンビニエンスストアでもビットコインが購入できる時代となりました。

もうコンビニがあればそれだけで生活していけるような時代にもなりましたね。ビットコインもコンビニで購入できてしまいます。

ただし、コンビニでのビットコインの取扱いは、さまざまな手続きが可能にはなりましたが、すべてができるわけではありませんし、そこで取引が完結するわけではないこともお忘れなく。

ビットコインが投資家ではない一般の人々にまで注目されているのは、これまでの為替取引にはない魅力をもっているからでしょう。そのひとつが手軽さです。

 

取引前に手数料は必ず確認しよう

しかし、ここでも問題になるのは送金手数料です。

クレジットカード支払いを行うと、毎回(この場合、主には店側ですが)手数料がかかることは、みなさんご存知でしょう。

ビットコインの取引にも各種手数料が取引ごとに発生します。

なぜなら、ビットコインには管理者は存在していませんが、その代わりにマイニングという作業で取引を成立させているからです。そうした作業を行う人に対する報酬として手数料が支払われます。

クレジットカードで駄菓子のような数十円のものを購入しようとすると、カード払いを店側に拒否される場合があります。なぜなら、便利なカード払いという顧客サービスのために手数料を支払っても、それに見合う儲けが出ない取引だからです。

ビットコインの手数料は取引所ごとに設定が異なります。コンビニ決済を選ぶのか、ほかの取引方法を選ぶのか、手数料を確認したうえで決定しましょう。

なお、最近は「マイクロペイメント」と呼ばれる少額決済をターゲットにした取引方法も行われるようになっていますが、広く普及するまでにはまだ時間がかかりそうです。