ビットコインが仮想通貨だと知っている方は多いでしょうは、その仕組みがどのようになっているかを理解している人は意外と少ないものです。ただ、取引で利益を得たいと考えているのであれば、システムの仕組みを知ることは常識と考えてみてください。
仮想通貨だからこそ物理的な形があるのではなく、ネットワークシステム上のデータとして存在しうるものとなります。
どうやって手に入れるかと言えば専用のアプリをパソコンにインストールするところから始まります。
ウォレットと呼ばれる口座を開設して、そこに資金を入れておけば売買の準備や送金の準備が整います。
ビットコインは購入をするとウォレット内のデータが書き換えられることになります。それがビットコインを口座に振り込んだことを意味するものとなります。
また、ウォレットも英数字で表現されるものとなっており、世界中に一つしかない口座となるのです。


つまり、その番号さえわかっていれば、パソコンではなくスマートフォンでも他の人のパソコンでも取引をすることが可能です。
このような仕組み全体がビットコインのシステムというものになります。
その運用を誰が行っているかは重要ではなく管理者はいません。
ところで国の経済が破たんすると為替の価格は下落するでしょうが、ビットコインの変動はどこから来るものなのでしょうか。
実は誰にもわかるものではありません。
これはインターネットの普及によって実現しているシステムであり、ネットワークがなければあり得ない仕組みとなっています。
所有しているビットコインにはあるコードが付与されており、そのコードをやり取りによってお金が移動することができます。