私たちは日本に住み、日本国民として税金を納めることを前提にしています。ビットコインに限らず、いろいろな取引をすることによって利益を得た場合は税金を払う義務があります。
もちろん、それは利益の額に依存しているといえますが、重要なことはどこの国に支払うことになるかと言う点となります。
日本に住んでいる人は最終的には日本円に換金するのであれば、そのタイミングで税金がかかりますし、ビットコインから別の通貨へと変える際も同じです。多くの人はビットコインの投資をサイドビジネスと考えているでしょうが税金のことは頭に入っていません。


そんな中、気軽に始めれると思い、サラリーマンが自宅で投資をしているパターンが少なくありません。
もちろん、これは違法ではありませんが、儲かる分だけの税金を払うことは行わなければ大変です。
税金の基本は現金化した時に計算しなければならないといえますが、ビットコインについては雑所得に計上されるといわれているため、1年間を通した合計となります。一時的な利益だけで考える必要はありませんが繰り越すことができません。
これまでFXや株などの経験がある人には税金の仕組みは十分わかっているでしょうが、税金については金額が違うといえます。
投資を考える時にリスクや利益は考えていても税金を無視している人が少なくないといえます。いずれは税務署から指摘を受けることになる可能性がおおいにあります。
システム上でのビットコインの取り扱いでよくわからない部分があるのは仕方ありませんが、自分が払うべき税金は明確にしておくべきでしょう。
それ以上に儲ければ問題ないだけです。
チャンスはどこにでも転がっていますが、為替取引は元金保証ではないと再認識しましょう。
リスクが高いとわかっていても、初心者でも儲かるビットコインとブログに掲載されていると、その言葉に簡単に釣られてしまうのです。