仮想通貨の中でも非常に人気の高い銘柄として知られる「リップル」。その誕生はビットコインなど他の仮想通貨とは異なり、他の通貨間をつなぐ”ブリッジ通貨(中間通貨)”として生まれたという背景があります。

 

通貨と通貨をつなぐブリッジの役割

イーサリアムに次ぐ仮想通貨として注目されているのは、やはり「リップル」でしょう。

ただし、リップルは仮想通貨としてはかなり特異な存在です。

リップルというのは、本来的には、リップル社が運営している通貨交換システムのことを指します。

たとえば、日本円をリップルのシステムにいったん預けます。それを引き出すときには、日本円ではなくドルで引き出すことができます。実際に利用してみるとわかりやすいかもしれませんね。

結果として円とドルとの通貨の差が差額分として生じます。

このように”ブリッジ通貨”として生まれたリップルは、通常の通貨とは役割が異なります。

仮想通貨という呼び名は通常、バーチャルなものを連想させ、あまりいい印象は与えません。しかし、仮想通貨というのは物理的な実体がなく、国が発行している通貨ではないというだけで、通貨であることには違いありません。

実体のある通貨にくらべて経済的な価値が低いとか無価値なものだというわけではない、ということに注意しなければならないでしょう。

 

将来性があるかどうかを読む

こうしたリップルの特性をよく理解している人は、そのメリットを生かして積極的に活用し、長期保有していることもよくあります。

ただ、リップルがFXの対象になるかどうかという点については、疑問の余地があるようです。通貨として世界中の取引所が認めなければ、FXの対象にはなりません。

そうしたことから、投資目的でリップルを利用することよりも、見方を変えて、ブリッジ通貨としてビジネスに活用され得るというリップルの将来性について考えましょう。

いまでもアフリカの国々に多くみられるような紛争地域では、自国通貨では安定的な取引ができないケースが多いものです。ひとつの事例として、そういった問題をカバーするためにリップルを利用することが考えられるでしょう。

一企業としてリップル社を信用できるかどうかという点がポイントになるため、通貨というよりは株式投資に近いといえるのかもしれません。

リップルを取引したいと思うのなら、リップル社の企業情報を調べるなど、しっかりと情報収集することから始めましょう。