イーサリアムの次に次ぐ仮想通貨として注目されているのはやはりリップルでしょう。ですが
厳密にはリップルは通貨ではないのです。
あくまでリップルと言うのは会社が運営している通貨交換システムのことです。

実際に利用してみるとわかるのですが日本円を一度リップルのシステムに預けて、それをドルで引き出すことが可能なのです。
結果としては円とドルとの差額分が通貨の差となります。元々
ブリッジ通貨として生まれたもののためリップルそのもので売買ができるわけではありませんが、そこには通貨としての役割を持たせることが可能なのです。


一般的には仮想通貨と呼ぶ時にはあまり名前から言うように良い想像はできないでしょう。ですが仮想通貨というのは物理的な実態がないことと、一つ以上の国が発行している通貨ではないと言うだけのことになります。
現物の通貨と比べて経済的な価値がないと言うわけではないことに注意しなければならないでしょう。
これらのことがとてもわかっている人はリップルのメリットを積極的に活用して長期保有している方も多くいます。
ただ、リップルがFXの対象となるかと言う点については、多くの疑問があるでしょう。
世界中にある取引所が認めた通貨ではないのです。そのため
投資目的でリップルを利用するのではなく、中間通貨(ブリッジ通貨)として見方を変えてビジネスとしての将来性を考えましょう。
現代でもアフリカなどや紛争地域における自国通貨は安定的な取引ができないケースが数多くあり
それらをカバーするためにリップルを利用するのことができるのです。
少なくとも通貨ではなく一つの会社であるリップルを信用できるかどうかがポイントになるため株式投資に近いかもしれませんね。
利用してみたいと思うならリップルについてしっかりと情報を収集することから始めなければならないためしっかりと企業情報を調べた上で投資していきましょう。