ウォレットについてまた一つ掘り下げてみていこう。仮想通貨のウォレット(財布)について話していきます。ウォレットにはコインの受取用アドレス(公開鍵)と、送金する際に必要な秘密鍵の2つから成り立っています。受取用アドレスと秘密鍵の管理方法によって、いくつかの種類に分けられており、
仮想通貨を管理する際には一般的な方法として、インターネットに接続されたPCまたはモバイル端末に専用のソフトウェアまたはアプリをインストールするソフトウェアウォレットになります。PC用のソフトウェアまたはモバイル端末用のお財布アプリのほとんどは、無料でダウンロードしてインストールすることが誰でもできます。インストール後の初期設定時にアカウントの作成を行いますが、この時に復元フレーズを紙にメモするなどして記録しておきます。過去に作成したアカウントの復元フレーズを入力することも可能です。ソフトウェアまたはアプリを利用すれば、残高管理や送金を行うことが簡単にできます。


オンラインウォレットを利用すれば、ネットバンキングを利用する感覚でブラウザ上から手軽に仮想通貨の管理・送金を行うことができます。最初にメールアドレスとログインID・パスワードを登録すると、自動的にアカウント(秘密鍵・受取用アドレス)が作成されます。これはオンライン上のサーバーに秘密鍵を保管するため、PCやモバイル端末にインストールする必要がありません。ログイン用のIDとパスワードでログインして、仮想通貨を管理することができます。手軽に利用できる半面、オンライン上に秘密鍵があるので盗難の被害に遭うリスクが高いです。
最も安全な方法とされるのが、ペーパーウォレットです。これは紙に秘密鍵と受取用アドレスを印刷したものです。秘密鍵と受取用アドレスは文字列ですが、入力する手間を省くために2次元バーコードも一緒に印刷します。出金する際はPCまたはモバイル端末のウォレットに秘密鍵を入力して送信を行う必要があります。秘密鍵を紙に印刷するだけでオンライン上に秘密鍵を保管しないので、コンピュータウィルスや不正侵入によってコインが盗まれるリスクがありません。受取用アドレスだけをオンライン上のソフトウェア・アプリに入力しておけば、出金はできませんが残高照会が可能です。
他にも仮想通貨のアカウントを作成した際に使用した復元フレーズだけを記憶しておき、入金後にソフトウェアまたはアプリのアカウントを削除してしまう方法もあります。復元フレーズがあればアカウントを再現することができるので、多額の資金を手ぶらで世界中どこでも持ち運ぶことができます。