前の記事でもお話したようにビットコインを入れておく財布がウォレットと呼ばれる入れ物となります。
もちろん、物理的な入れ物ではなくパソコンなどにインストールしたアプリケーションとなります。
ウォレットの種類は様々なものがあり、デスクトップウォレット、ウェブウォレット、モバイルウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットなどがあります。
それぞれの名称からある程度想像はつきますが、ウォレットのアプリがインストールされた媒体によって名前が付けられていることもあります。
つまり、仕組みは何も変わらないということです。


使い方も同じですから、厳密な意味では種類が違うとは言えないのですがセキュリティ上大きなちがいがあります。
それぞれの作り方も簡単ですし、多くは日本語対応となっているため試しにインストールするのもいいでしょう。
ビットコインを取り扱うためにはウォレットが必須ですから、何らかの形でアプリをインストールしてみて仕組みを理解するのはいいことだと思います。
最近ならスマートフォンでしょうが、自宅でインターネットをしている人はパソコンを使うでしょう。
ウォレットを使う上で一番大事にしなければならないのはセキュリティです。
また、それぞれのハードが壊れた時のためにデータのバックアップは最初にウォレットを作成したときに取っておかなければなりません。
長期的な保存を考えるなら、ネットワークから切り離すこともできますが、現代においてオフラインのパソコンなど現実的ではないともいえます。
ビットコインがインターネット上に存在していることは間違いないと言えますから、ハッキングなどの被害から自分の財産を守る方法は自分で考えなければならないでしょう。結局困るのは自分なためです。