ビットコインを手軽に管理しようと思うなら、「ウォレット」は欠かせません。ビットコインを保有してみたいと考え中の人も、試しにインストールして使ってみてはいかがでしょうか?

 

ビットコインを入れておく”財布”

ビットコインを入れておく口座を財布のように手軽に扱えるようにしたものを「ウォレット」と呼びます。

もちろん物理的な入れものではなく、パソコンなどにインストールして使うアプリケーションです。

ウォレットの種類にはさまざまなものがあり、デスクトップウォレット、ウェブウォレット、モバイルウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットなどがあります。

それぞれの名称からある程度想像がつくように、ウォレットのアプリケーションがインストールされる先の媒体によって名前が違います。つまり、仕組みは何も変わらないということです。

使い方も同じですから、厳密な意味では種類が違うとは言えないのですが、セキュリティ上は大きな違いがあります。

 

セキュリティ対策は万全に

多くは日本語対応となっていますし、簡単なので試しにインストールしてみてもよいかもしれません。

ビットコインを手軽に保有・管理するためにはウォレットが欠かせませんから、どれでもいいのでインストールしてみれば、仕組みを理解する手助けになることと思います。

スマートフォン用でもいいですし、自宅でインターネットをしている人はパソコン用にしてみてもよいでしょう。

ウォレットを使ううえで大事にしなければならないのは盗難対策としてのセキュリティです。

ハッキングなどの被害から自分の財産を守る方法は自分で考えなければなりません。

長期的な保存を考えるなら、ネットワークから切り離すのも奥の手です…現代においてオフラインのパソコンなど現実的ではないかもしれませんが。

また、ハードが壊れたときのために、最初にウォレットを作成したときにはデータのバックアップを取っておくようにしましょう。