ローカルウォレットだ、ホットウォレットだ、コールドウォレットなど色々と聞きますが、ウォレットとはビットコインを利用する時の通帳です。
実際には世界に一つだけのコードが付与された電子データとなります。
専用アプリを使用すれば、世界中のウォレットから使われてないコードを調べて、新しい口座として登録してくれる機能が備えられてます。この作り方は簡単ですし、アプリは日本語対応のものも多く存在します。投資の初心者でもわかりやすいでしょう。
ウォレットのコードが口座の実体のため、それを自宅のパソコンで見ることもできますし、スマートフォンを利用することもできます。
ビットコインを始めとする仮想通貨はインターネットがなければ成立しない仕組みなのは基本です。


クレジットカードやコンビニ決済などを利用してウォレットに入金することができますが、手数料や資金を動かせないなどのデメリットが発生しますから、その金額を把握しておくことをおすすめします。
ビットコインのレートが上がることを狙って利益を得たいと考えているのであれば、最終的に日本円に戻す時までにかかる手数料を把握して置く必要があります。
取引所などでは手数料無料と掲載されているとこも多くありますが、実際には対象となるレートが割高になっているだけとなります。
これを詐欺や嘘だと思ってしまう人もいることでしょうが、
ビットコインに限らず、世の中の甘い言葉には注意しなければならないでしょう。
このような常識を忘れて取引を行ってしまう人が多いため、仮想通貨はリスクが高いと感じてしまうケースも少なくないのです。ICOにおける新規通貨にしても革新的な仕組みというものには騙されずちゃんと理解することがとても大切かと思います。