ビットコイン取引に使われる「ウォレット」というのは、機能としては銀行の通帳のようなものですが、その実体は電子コードです。使い方は簡単ですが、実際の取引はよく理解してから始めるようにしましょう。

 

ウォレットの実体は電子コード

ローカルウォレット、ホットウォレット、コールドウォレットなどと、いろいろと耳にしますが、「ウォレット」というのは、ビットコインを利用する時の通帳だと考えてください。

実際には世界に1つだけのコードが付与された電子データです。専用アプリにはどれも、世界中のウォレットから使われてないコードを調べて、新しい口座として登録してくれる機能が備えられています。

使い方は簡単ですし、アプリは日本語対応のものも多いので、投資の初心者でもわかりやすいでしょう。

ウォレットのコードが口座の実体であるため、自宅のパソコンで見ることもできますし、スマートフォンを利用することもできます。

ビットコインをはじめとする仮想通貨はインターネットがなければ成立しません。これは仮想通貨における「キホンのキ」です。

 

手数料ゼロの罠にとらわれないこと

クレジットカードやコンビニ決済などを利用してウォレットに入金することができますが、手数料や資金を動かせないなどのデメリットに備えて、その金額を把握しておくことをおすすめします。

ビットコインのレートが上がることを狙って利益を得たいと考えているのであれば、最終的に日本円に戻すときまでにかかる手数料を把握しておく必要があるでしょう。

取引所などの宣伝では、よく「手数料ゼロ」と掲載されているのを見かけますが、実際には対象レートが割高になっているだけで、トータルで考えれば手数料をとられているのと同じことです。

このような手法は詐欺や嘘とはちょっと違います。ビットコインに限らず、世の中の甘い言葉には注意しましょう。

何かのサービスを利用すれば、それ相応の報酬を支払うのが世の常というもの。このような常識を忘れてしまい、騙されたと感じて「仮想通貨はリスクが高い」ととらえてしまうケースも少なくないようです。