比較的新しい仮想通貨、Z-Cash(ジーキャッシュ)についてお話しましょう。抜群の匿名性が人気となっています。

開発時にJPモルガンが提携

Z-Cashは、2016年10月28日に運用が開始された比較的新しい仮想通貨です。少々読みづらいですが、「ジー・キャッシュ」と読みます。通貨単位はZECです。

匿名性が重視されていることを除くと、基本的な構造はビットコインを踏襲しているコインだといってよいでしょう。

取引の記録には、ビットコインと同様にブロックチェーン技術が用いられています。

ビットコインと同様、マイニング(採掘)によって新規にコインが発行されます。発行上限はビットコインと同じ2100万(ZEC)です。

ただし、ブロックの生成時間は比較的早く約2分半となっています。ビットコインの場合は約10分といわれていますので、その1/4の時間で送金が行われます。

Z-Cashの開発には、開発チームに加えて、大手銀行JPモルガンが提携しています。開発の際に巨額の投資が行われている仮想通貨となりますので、その分、期待度も大きいといえるでしょう。

 

匿名性を重視して開発された

Z-Cashの最大の特徴は、匿名性を重視していることにほかなりません。

ビットコイン以後に誕生した仮想通貨の多くは透明性を重視しています。それに加えて、最近はダッシュコインやモネロといった匿名性を重視したものが人気となっています。

Z-Cashはダッシュコインやモネロと比較しても、特に匿名性に優れた仮想通貨だといえるでしょう。その点については非常に注目されています。

ダッシュコインおよびモネロについては、送金・受取アドレスと取引数量を秘匿することで匿名性を実現しています。ただ、その場合、ブロックチェーンを調べれば取引履歴を第三者に知られるおそれがあります。て特定される可能性もあります。ということは、ブロックチェーンを参照しても送金・受取アドレスは不明であるものの、誰がコインを保管または送金手続きを行っていてアドレス間で送金が行われているとの情報を他人に知られてしまう事になるでしょう。

ダッシュコインやモネロはコインの出入口が隠されてはいるのですがコインの動きは他人に丸見えなのが問題です。例えば巨額のコインを持つ人が送金をするたびに、誰が送金したのかが推測される恐れが十分ありえます。
これに対してzecでは「ゼロ知識証明」という方法が採用されています。モネロやダッシュコインのような送金・受取アドレス・取引数量だけでなく、コインの履歴も第三者に知られないような仕組みとなっています。

 

ジーキャッシュのブロックチェーン自体は公開されているのは当然ですが、コインがアドレス内で保管されているものなのか、送金されたのかという情報も巧妙に隠匿されています。当事者以外の人は送金に対しての流れを知ることすらできないとても匿名性に優れた仕組みとなっています。そのため

ジーキャッシュは数少ない匿名性重視型の仮想通貨として人気を集めており、2017年6月時点で1ZECあたり4万円を超えて、現在、日本国内の一部の大手取引所でもジーキャッシュが取り扱われております。

日本円での購入や海外取引所ではビットコインを使ってジーキャッシュを購入することができるため匿名なやりとりが必要な場合は試してみてもいいのかもしれませんね。

 

ジーキャッシュもマイニングによってコインを得ることはできますが、WindowsやMacなどふつうのosのパソコンで単独で採掘することは不可能なため、プールマイニングに参加する必要があります。